ポップス界の女王
名声を予期させる少女スターの誕生
卓越した歌唱力の実力派大スター
自分の歌で人々の心に「なごみ」を
名声を予期させる少女スターの誕生

   本名スウェエーミン。1962年2月13日、メースウィは女優ミンミンキンの四女として生まれました。この日はちょうど独立の父アウンサン将軍の誕生日。ビルマ人の誰もが知っているこの特別な日に生まれたことは、偶然の一致とはいえ、後の名声を周囲の者たちに予期させたと言われています。

   彼女はそんな予期に応えるが如く、歌の才能に秀でた少女でした。ビルマでは学校教育の中に音楽の授業はありません。そうした中で、彼女には音楽の英才教育が施されます。こうして8歳の時から学んだ伝統音楽は、その音楽的才能を開花させる上での大きな土台となりました。

   歌手でもあった母親は、毎年行なわれるたいへん有名な寺祭りに参加していました。メースウィはどうしてもこの祭りを観に行きたかったそうです。当時12歳だった彼女は、自分を連れていくよう、しつこくせがみました。娘を大きく育てたい母にとっても、これはひとつの機会だったのでしょう。条件としてステージで歌うことを約束させます。こうして祭りへ行けることとなった彼女は、歌うことが大好きな恐いもの知らず。大勢の人前で堂々と歌って見せました。これがなかなかの評判で、その後2年連続でこの寺祭りに参加。そんな彼女に業界も注目し始めます。そして3回目の出演後、大手レコード会社から契約の話しがあり、14歳の彼女はメースウィという芸名でデビューを果たしたのでした。

戻る   次へ